大手キャリアのスマートフォンや外でも接続できるタブレット

低価格のSIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。

docomo等だと6000円以上かかる料金が、MVNOだと月額1000円以下ということも。

とりあえず、検討してみてもいいのではないでしょうか。

そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、auではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名前のICカードのことを指しています。

携帯端末に、大手携帯会社のものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

普通は、データ回線がふとければユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は低下せず、設備投資がしっかりしていれば、データを安定して処理できるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、料金だけでなく安定したサービスを提供出来る会社を選ぶ必要があることが分かります。

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

ドコモの回線を使用している業者であればNTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはなんと使うことが出来ないのです。

その場合は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、ロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

大手キャリアのスマートフォンや外でも接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMにロックがかかっているのです。

ただし、SIMロックが設定されていても、NTTdocomoの場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMを利用することができます。

格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、仕様としてのデータ通信速度は最大で150Mなど、どこも同じような感じになっています。

しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

いろんな会社もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、データ回線の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、ベースとして使って行けるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、docomoやKDDIが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。

おすすめサイト⇒格安SIMのかけ放題は無制限でも使えるのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です